Quality&Management
品質・管理

プロセスを重視した品質・納期管理


より安全で働き易い職場を目指して、日々改善活動に取り組んでいます。

ISO9001を取得し、あらゆる品質に関して厳格な管理を行っています。

毎日の納期管理や毎月の品質会議を重ね、年に1 度のマネージメントレビューで1年の総括をします。

このように PDCAを回して持続可能社会に適合し、お客様の満足向上、不適合製品ゼロを目指して次年度目標を立てます。

品質管理のプロセス


納期管理
毎日の朝礼にて、全社員で納期を確認。当社の工場は、製造情報をタイムリーかつ一元的にネットワーク管理し、納期・進歩・在庫など に関するお問い合わせに迅速に対応しています。
毎日
リーダー朝礼
週2回、作業の進歩に遅れが無いか作業量が適切かなど、現場の負荷を確認します。 ラインが滞ったり品質に影響が出ないよう業務配分を調整します。
毎週
不適合品苦情会議
月1回。 各部署の代表8名で、不適合製品や苦情内容について、解決するまで原因の究明と対策を講じます。
品質パトロール
月1回。 品管・工場長4名で、 工程や検査が確実に行われているかパトロールします。
5S 安全パトロール会議
月1回、6名の5S安全委員メンバーで、5Sと安全のパトロールを実施。問題点の洗い出し・改善を繰り返し、安全な職場づくりを行っています。
品質会議・改善活動報告
月1回、全社員で品質目標の達成結果、 上記の活動内容結果を周知する会議を行います。 また、改善提案ワンポイントレッスンを発表。 「安全」「キレイ」「効率良く」生産できる工場と技術伝承を目指します。
会議風景
改善案の表彰
毎月
マネジメントレビュー
年に1回。 年間の品質管理体制の振り返りと来年の品質目標を立てます。
毎年

検査体制


製品がお客様も求めるスペックを満たしているか、様々な機械試験によって確認・測定検査を行っています。

アムスラー 
製品の引張強度を測定する引張試験の他、偏平試験を行います。
硬度試験機
製品の硬さを測る硬度試験。
粗度試験
表面の粗さを測る粗度試験を行います。
渦流探傷機 
疵や割れを検知し、流出を防止します。
画像測定値
異形パイプなど、アナログ機器で測定できないものを測定します。
マイクロスコープ-VHX6000(顕微鏡)
パイプ表面・断面の状態を観察します。